ginpeichanが映画を観た感想をだらだらと。


by ginpei_chan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12ヶ月』★★★★★(5点)

というわけで、スマッシュヒットした前作に続くこの作品
なんなんだ『きれそうなわたしの12ヶ月』って。
ブリジットはずっとキレてたじゃないか。(笑)

主要キャストはそのままに、ブリジットがマーク(コリン・ファース)と
結ばれた後の物語が展開するワケだけど、
性懲りも無くダニエル・クリーヴァー(ヒュー・グラント)も絡んでくる。
マークは相変わらず堅物で、ダニエルは相変わらずSEX中毒で、
肝心のブリジットは相変わらず太っていて、タバコをやめれない。
ストーリーは突拍子もないし、現実味もないし、
音楽はヒット曲を集めたキャッチーなもの。
どれもこれも、あいかわらずの『ブリジット・ジョーンズの日記』。

まぁ、そこそこ笑えて、ホッとさせてくれて、
映画館で観なきゃ!って映画でもなかったけど、
映画館で観たことを死ぬほど後悔するほどでもなかったです。

ひとつだけ、どうしても気になったのは、
ブリジットがタイで収監されたときの一連のシーン。
…タイとタイ人をバカにしてないか?
戦後60年経って、タイで「ギブミーチョコレート」か?
あのシーンは不快になりました。
西洋人は、東洋人がいつまでたっても
自分たちに羨望の眼差しを向けていると勘違いしているように思えた。
ま、めくじら立てるほどのこともないんですがね。

続編もあいかわらずのノリでした。5点。
[PR]
by ginpei_chan | 2005-04-15 10:49 | 映画(は行)