ginpeichanが映画を観た感想をだらだらと。


by ginpei_chan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2004年のベスト10

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。m(_ _)m

さて、年も明けたところで、さっそく去年観た映画のベスト10をやろうと思います。
まったく、個人的な感想と思い入れで選んだので、苦情はご遠慮下さい。(笑)

①『ロードオブザリング 王の帰還
 三部作の完結編ということもあり、
 また、ファンタジー映画初のアカデミー賞作品賞受賞、
 加えて、アカデミー賞授賞式当日に映画館で観たということも含めて、
 2004年を代表する映画だったと思います。
②『オールド・ボーイ
 演出・演技・脚本・映像・音楽、全てがハイセンスで虜になってしまった韓国映画。
 『王の帰還』と比べて、万人にはオススメできないけど、凄い映画でした。
③『誰も知らない
 邦画のフェイバリットな監督である是枝裕和監督の最新作。
 カンヌで受賞した柳楽君も良かったけど、
 子役みんなが輝いてて素晴らしい映画でした。
 友達と観に行って、延々と映画について話し合ったことが思い出深いです。
④『Mr.インクレディブル
 期待したら期待以上だった、PIXARの最新作。
 映像も音楽もストーリーも全て良くて、笑って泣けて、
 何度観ても飽きない映画です。
⑤『世界の中心で、愛をさけぶ
 賛否両論分かれる映画だとは思いますが、僕は素直にハマりました。
 原作はピンと来なかったんですが、愛する人を失った喪失感と魂の彷徨という、
 僕の好きな「ノルウェイの森」に通じるところもあってハマってしまいました。
⑥『ポーラー・エクスプレス
 とても良心的なストーリーの、トム・ハンクス出ずっぱりアニメ映画。(笑)
 これからは、クリスマスの定番になるかも。
⑦『パッション
 順位をつけるのが難しいような気もするが、話題性とショッキングさはピカイチ。
 観たことをずっと忘れないような、特別な映画。
⑧『スクール・オブ・ロック
 ジャック・ブラックの映画で泣けるとは!(笑)
 今年一番のコメディ映画でした。サントラもハマります。
⑨『21グラム
 『アモーレス・ペロス』のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥの最新作。
 ショーン・ペン、ベニチオ・デル・トロ、ナオミ・ワッツのぶつかり合いは傑作の域。
⑩『ビッグ・フィッシュ
 賛否両論分かれるタイプの映画だな~と思いつつ、
 僕はこのバートン・テイストが大好きです。
 ユアン・マクレガーがアリソン・ローマンにプロポーズする場面が
 目に焼きついて離れません。

こんなところかな?
次点としては、『下妻物語』『ホテル・ビーナス』『ミスティック・リバー』など。
去年公開のもの以外では、『ホワイト・オランダー』『夜を賭けて』『ヘヴン』、
また、ジーン・ケリーとの出会い
(『わたしを野球につれてって』『錨を上げて』『踊る大紐育』)もとても印象的でした。

また、ワースト作品は…陣内孝則の『ロッカーズ』かな。(笑)
[PR]
by ginpei_chan | 2005-01-02 03:34 | ひとりごと