ginpeichanが映画を観た感想をだらだらと。


by ginpei_chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

『モーターサイクル・ダイアリーズ』★★★★★★★★(8点)

ガエル・ガルシア・ベルナルがチェ・ゲバラに扮した、
『モーターサイクル・ダイアリーズ』
c0019227_4331039.jpg

チェ・ゲバラが、まだ革命家になる前に、
友人と南米一周のバイク旅行をした自伝を映画化したものです。

エルネスト(チェ)が、友人の生化学者・アルベルトと共に、
オンボロバイクにまたがって、南周りで南米一周に旅立つ。
そして、各地でいろんな景色を見て、
いろんな人と出会い、いろんな民族と出会い、
彼の心に微妙な変化が生まれていく。
この、心の動きが見事に描かれていて素晴らしい。
やがて彼は、ハンセン病の隔離治療施設で働くうちに、
それまで貧富の差や、思想によって排斥された人々と出会う経験を経て、
また、自らが喘息の発作に苦しんでいたこともあったのだろうか、
苦しい旅で世界の矛盾を感じ、それを変える意思を持つようになる。
チェ・ゲバラが、革命家になる前は元々医学生だったというのは知っていたけど、
まさかハンセン病を専攻していたとは知らなかった。
そして、当時は隔離医療が当たり前であっただろう、
そんな時代に、患者と直接接して、患者と交わって
治療にあたったなんて驚きました。

風景は美しく、人々は活き活きしていて、青春は青臭くて、
こういうのがロードムービーっていうんだよなー。
と、感心するやら感動するやらで、とてもいい映画でした。
ガエル・ガルシア・ベルナル、やっぱりカッコよかった。
8点。
[PR]
by ginpei_chan | 2005-06-23 05:01 | 映画(ま行)