ginpeichanが映画を観た感想をだらだらと。


by ginpei_chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

『ホステージ』★★★★★★★(7点)

ブルース・ウィリス主演の交渉人アクション『ホステージ』
c0019227_5203522.jpg

かつて敏腕交渉人として活躍したジェフ・タリー(ウィリス)も、
ある事件をきっかけに、田舎の警察署長に赴任した。
しかしある日、その町の山中にある豪邸に、
無軌道な若者3人が人質をとって立てこもった。
ジェフ・タリーは、郡警察に事件を引き継いで帰ろうとするが、
そのとき事件は予想外の展開を見せ・・・

交渉人モノかと思いきや、交渉もそこそこに、ブルース・ウィリスが肉弾突破!
拉致られる!腹を撃たれる!火が放たれる!しかし!
撃たれても死なねぇぜ!なぜならオイラはマクレーン刑事!(ではない)
ダイ・ハード(なかなか死なない)とはオイラのことさ!(いや違う)

しっかし、この映画、なぜ『ダイ・ハード4』として売り出さなかったんだろう?
ちょっと設定を変えればまんま『ダイ・ハード』だよこりゃ。
さもなくば、『ダイ・ハード』と『ランボー』をミキサー(もしくはミルサー)にかけたら
こうなっちゃうんじゃなかろうか、といった趣。
『ダイ・ハード4』にすれば、もっとお客さん入っただろうになぁ・・・
と、余計なお世話ですがそう思ってしまいました。

ストーリーは、なかなかツッコミどころ満載の、
ちょっとハチャメチャな無骨アクション悪人まとめて死んじまいな!的展開。
交渉人モノらしく、スリリングに交渉を展開していくのかと思ったけど、
二重に人質を取られるという設定はうまかったんだけど、
それを活かさずに、結局無理矢理アクションしちゃった感は残念。
だがしかし。
ストーリーなど、いろいろと疑問に思うところはあるけれど、
昔のアクション映画ってこんな感じだったよなーと、
こういうブルース・ウィリスは久しぶりだったこともあり、
なんか懐かしい気持ちになっちゃいました。
こういう映画もアリですね。7点。

あ、そうそう、オープニングのアニメーションはカッコよかったっすよ。
ワクワク感を感じさせてくれました。
それだけに惜しい・・・内容が。(笑)
[PR]
by ginpei_chan | 2005-06-23 06:00 | 映画(は行)