ginpeichanが映画を観た感想をだらだらと。


by ginpei_chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

『奥様は魔女』★★★★★★☆(6.5点)

ニコール続きですが、往年の人気テレビドラマをリメイクした、『奥様は魔女』
よく、「奥様は痴女」というタイトルのAVは見かけますけどね。
落ち目の映画スター、ジャックが、TVの企画で再起を賭けることになった。
人気コメディ「奥様は魔女」のリメイク企画だが、
自分を引き立たせるため、魔女役には無名の新人を起用しようという算段に。
そこで、ジャックは、街でばったり出会ったイザベル(ニコール)を出演させる。
しかし、イザベルの正体は本物の魔女だったのだ。
c0019227_2355790.jpg

イザベル役は、今一番ひっぱりだこの女優さんかもしれない、ニコール・キッドマン。
で、お相手のハリウッドスター役にウィル・フェレル。
日本では馴染みが薄いけど、アメリカでは大人気のコメディアンなんだそうな。
上の写真を見ても、どう見ても3枚目キャラですよね。(笑)

で、共演は、イザベルの父親役にマイケル・ケイン、
TVの共演者役にシャーリー・マクレーン。
この辺りの配役は堅い。
ニコールひとりの映画じゃないって感じがするもんね。

で、本編では、魔女だったイザベルが、人間の暮らしに、そして恋に憧れて、
ワガママで独善的なジャックとも、いつしか恋に落ちていく。
まあ、世間知らずな役は別にいいんだけど、
何もこんな男と恋に落ちなくてもいいんじゃないか。(笑)
ウィル・フェレル、ちっとも魅力を感じなかったなあ。
あまり笑えなかったし、特に惹きつけられるものも無かった。
本国アメリカではトップスターだというので、楽しみにして観たんだけどね。
結局、この映画で一番笑えたのは、
マイケル・ケインのグリーン・ジャイアントでした!(≧∇≦)
マイケル・ケイン、いいですねぇ!
『サイダーハウス・ルール』のDr.ラーチはもちろん、
『クイルズ』も印象的だったし、『バットマン・ビギンズ』の飄々とした役も良かった!
ちょっとコメディチックな映画の方がいいのかもしれないね。

まあしかし、ニコールはきれいだ。
これだけたくさん出ていると、どれも一緒じゃんとも思えてしまうんだけど(笑)、
でも、きれいな女性はいいです。(なんじゃそりゃ)
映画としては6.5点。
[PR]
by ginpei_chan | 2005-09-08 00:44 | 映画(あ行)