ginpeichanが映画を観た感想をだらだらと。


by ginpei_chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』★★★★★★★★(8点)

イッキに観ました3作品、第2作目は『秘密の部屋』
c0019227_17403842.jpg

な~んか、主役の3人とも、1年も経つとすっかり魔法使いさんになっちゃって。
ホウキで飛ぶわ、いかがわしいクスリも作るわ、立派なソーサラーさんでした。

物語は、もちろん、休暇中のハリーから始まるけど、
相変わらず、あの叔父一家は酷いですねぇ。
英国人ってあんなに酷い人たちばかりなの?と勘違いする人がいないといいけど。
な余計な心配もしてしまうくらい、ハリーいじめのシーンは酷いなあ。
実は、『賢者の石』もそうだったけど、このダーズリー家のシーンは好きじゃない。
(みんなそうかな)
あ、あと、ドビーもムカつきますね。
いっそのこと、「My precious!」とか言っちゃえばイイのに。(笑)
今回の敵役も、「闇の魔術に対する防衛術」の担当教師。
演じるのはケネス・ブラナー。
この作品だけにしか出てこないわりには豪華ですな~。
飄々と、楽しそうに演じてましたね。
今回は、徐々に「例のあの人」がハリーの命を狙い始めるんだけど、
まだ子どもたちの冒険物語っぽい雰囲気も残ってて、
最後は学園モノのハッピーエンド、っぽくてイイですね。
作品自体はずいぶん長尺になってきたけど、とてもしっかりしたファンタジー映画です。
連作にありがちな、中だるみも無いしね。
これも8点。
[PR]
by ginpei_chan | 2005-11-21 17:37 | 映画(は行)