ginpeichanが映画を観た感想をだらだらと。


by ginpei_chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

『ブロークバック・マウンテン』★★★★★★★★☆(8.5点)

今年のオスカー・レースの本命と目されながら、
作品賞を逃したものの、監督賞・脚色賞・作曲賞を受賞した『ブロークバック・マウンテン』
c0019227_14443425.jpg

差別意識の強いアメリカ南部で、20年もの長きにわたって
密かに愛を育んだ2人のカウボーイたちの物語です。
広大で美しい景色と、アコースティックで美しい音楽と、
そして、カウボーイたちの切なくて胸がしめつけられるような純愛。
派手さはないものの、(話題的には充分ハデでしたが)
美しくて切なくて、とてもよくできたラブストーリーでした。
二人の純愛もそうなんですが、二人の妻とその家族などの描写もとても良く、
本当によくできた「映画らしい映画」でした。
役者ですが、主演のふたり、ジャック役のジェイク・ギレンホールも良かったけど、
無骨で無口なイニスを演じたヒース・レジャーは素晴らしかった!
彼にこんな繊細な演技ができるなんて思ってもいなかったので、予想外でした。
ラストシーンは泣けましたね・・・。
どのシーンも素晴らしかったですが、ラスト20分は珠玉でした。
まあでも、この映画は人を選ぶかもな・・・。
映画館で観ると寝てしまう人もいるかもしれないし、
ゲイに対して嫌悪感を覚える人もいるかもしれない。
人を選ぶかも、という点では、去年の『ミリオンダラー・ベイビー』も同じでしたね。
南部のゲイの物語という、相当な反発が予想されて、
実際に上映中止なども起こりましたが、
でもこの映画がアカデミー賞などの賞レースで正当に評価されるというのは、
やっぱり映画は死んでいないということだと思いました。
演出、演技、映像、音楽・・・。これが映画です。
8.5点。
[PR]
by ginpei_chan | 2006-03-26 02:18 | 映画(は行)