ginpeichanが映画を観た感想をだらだらと。


by ginpei_chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

『ニュースの天才』★★★★★★★★(8点)

アメリカで伝統と権威のある雑誌「THE NEW REPUBLIC」誌で
実際に起こった記事捏造事件を扱った『ニュースの天才』です。
製作にトム・クルーズ、監督は『フライトプラン』の脚本を書いたビリー・レイ、
主演のスティーブン・グラス役にアナキン・スカイウォーカー役で御馴染みの
ヘイデン・クリステンセン、彼の記事捏造を追求していく編集長に
『フライトプラン』『ジャーヘッド』のピーター・サースガード。
編集部の同僚にクロエ・セヴィニー、元編集長にハンク・アザリア。
豪華であると共に実力派キャストが揃った力作でした。
c0019227_19532754.jpg

「THE NEW REPUBLIC」誌で、若いながらスター記者にのし上がったスティーブン。
しかし、彼が執筆したとある記事に疑念を抱いた他紙の記者が取材を始め、
徐々に彼に対する疑惑が明らかになっていくのだった、という物語。
追い詰められていくスティーブンを、ヘイデン・クリステンセンが
持ち前のダークサイド演技さながらに演じていくのはなかなかのもの。
また、瞬く間にしてハリウッドの名脇役となったピーター・サースガードが
彼を追い詰めながらも苦悩していく編集長を好演していました。
驚くようなスリルはないものの、堅実に作られたドラマでしたね。
しかし、何が凄いって、この大騒動を起こし、名門誌に泥を塗った元記者が、
弁護士資格を取って、この騒動の顛末を書いた本を出したなんて、
いかにもアメリカらしい話だなあと驚きました。
なかなか面白かったです。8点。
[PR]
by ginpei_chan | 2006-04-07 20:05 | 映画(な行)