ginpeichanが映画を観た感想をだらだらと。


by ginpei_chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

『東京タワー』★★★★★★(6点)

1月18日に観に行った映画、『東京タワー』の感想をば。
速攻書こうと思ったのですが、仕事が忙しくバタバタしていたら、
いつの間にか酷い風邪をひいてしまい、
なんだかんだで更新が遅くなってしまいました。

で、『東京タワー』。
江国香織の小説が原作。
21歳の岡田准一と41歳の黒木瞳の不倫、
21歳の松本潤と35歳の寺島しのぶの不倫。
二組のカップルがど~なるの~って映画です。
岡田准一は、雑誌のヤリ手編集者の余貴美子の息子で、
黒木瞳の旦那は岸谷五朗。
岸谷は売れっ子CMディレクターで、黒木自身はセレクトショップのオーナー。
岡田准一と松本潤は大学生で、寺島しのぶは専業主婦。
寺島しのぶの旦那は宮迫博之。
松本潤の彼女は加藤ローサで、高校時代の同級生に平山あや。
以上です。

以上です、じゃねえや。(笑)
な~んかね~、10年前の、いわゆる“トレンディードラマ”のような、
なんでそんないい部屋住んでんだよ、とか、
なんでそんなに美男美女しか登場しねーんだよ的な異世界感はどうしても感じる。
まぁ、僕は、キレイな黒木瞳を見たくて観に行ったので、
んなこたぁどーでもいいんだけど。
ただ、映画としてのリアリティに欠ける気はするってだけの話。
去年だったか一昨年だったかの『g@me』と一緒で、
TV業界人というのは、まだバブルの夢を見ているのかな、と思った。

この映画、とにかく、キレイな人がキレイな所にいるところしか写していない。
それどころか、汚い人が汚いところにいたり、
汚い人格の人を汚いものとしてしか描かずに、そのコントラストが酷い。
宮迫が寺島に標準語でセクハラしたり、
余貴美子が汚いメイクと衣装で黒木瞳を攻撃したり、
寺島しのぶがエプロン一枚でオサレなバー(笑)に現れたり、
(そのクセ普通の専業主婦が何でシトロエン乗ってんだよw)
そのクセ他のキャストは最後までキレイなままだったりする。
まぁ、コメディだと思えば笑い飛ばせるけどね。
真面目に観ようと思えば糞映画。

ま、黒木瞳はきれいだったし、岡田准一のヌードは綺麗だった。
それだけでまぁまぁ満足しました。
山下達郎のエンディングテーマも好き。6点。
[PR]
by ginpei_chan | 2005-01-18 23:11 | 映画(た行)