ginpeichanが映画を観た感想をだらだらと。


by ginpei_chan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

『涙そうそう』★★★★★☆(5.5点)

さて。
金曜に観た、『涙そうそう』の感想をば。
TBSの土井裕泰監督、妻夫木聡と長澤まさみ主演の感動作。
c0019227_1051911.jpg

そうですねえ…うーん。
悪い話じゃないですよ。
腹違いの兄と妹が、親をなくしてふたりで支えあって一生懸命生きて、
周囲もいい人たちばかりで、(若干「悪い大人」はいるけど)
なんかそういう、沖縄の暖かくて濃密な人間模様みたいなのはよく分かった。
妻夫木くんは一生懸命に演じていたし、かわいかったし、
長澤まさみはとてもキュートで、でも「妹萌え」キャラだけではなくて
少女から大人になっていく危うい色気も持っていて、それはいい映像だったなあ。

まあしかし、ストーリーが安直すぎて、古典的すぎて、
何一つ目新しさが無いというのはちょっと参った…
悪い話じゃないけど、どこにも新鮮さは無かったなあ。
また、観た人の間でも、この映画のオチは賛否両論なのではないかと思うんだけど、
たぶん、このストーリーの運び方で、
ラストに一番観客を泣かせるには、この方法しかなかったんだろうな、と思った。
容認はできるけど、映画としてはつまらないものになっちゃったな、と。

キャストは、まあいろんな人が出ていたけど、平良とみさんが出ていたのは嬉しかった。
しかし、ラストシーンでこのおばあちゃん、一番セリフが多いんだけど、
もうちょっと考えて考え抜いた名セリフを喋ってもらうなら良かったんだけど、
こんなつまらない、安直の極致みたいなセリフを吐かせるなんて罰アタリな行為。
すごく、素晴らしい女優さんなんだから、もっと大切に使って下さいよ、ほんとに。
いや、これは、期待していたからこその評価なんですけどね。

なんかね、妻夫木聡と長澤まさみというキャストを揃えただけで満足しちゃった、
という感じがして、あとはストーリーとかセリフはどうでもいいか、というニオイがする…。
それは言いすぎかもしれないけど、ひとカケラの野心も感じられなかった。
そういう意味では、映画作家はもうちょっと志を高く持って欲しいと思うのです。
(一素人の勝手な意見ですけどね~(笑))

ま、このストーリー、これも沖縄なんだろうなあ、と思いました。
『ナビィの恋』の沖縄も、『チェケラッチョ』の沖縄も、どれもが沖縄。
ただ、個人的に、『ナビィの恋』の沖縄が一番僕の好きな沖縄だなあ、ということでしょうか。
ちょっと厳しめですが、5.5点です。
[PR]
by ginpei_chan | 2006-10-08 10:21 | 映画(な行)