ginpeichanが映画を観た感想をだらだらと。


by ginpei_chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

『パクチー学園 トム・ヤム君』★★(2点)

えーと、だいたい、僕は観始めた映画は最後まで観る性分なんですが...
あまりにつまらなくて、途中で観るのを止めた作品も今までいくつかありました。
最近でいうと、2年ほど前の、陣内孝則監督の『ロッカーズ』
そして、久々に現れました強敵、それが『パクチー学園 トム・ヤム君』!(笑)
9月29日の日記にも書いたのですが、
レンタル屋で見つけて気になっていたタイトルです。
c0019227_1352697.jpg

旧作になって、キャンペーンで半額で借りれたので観てみました。

なんかね、日本でいうと、
20年前のハチャメチャ(死語)な学園コメディ、って感じでした。
イケメンでちょっとワルな学園の人気者、ちょっとサエない主人公、
その主人公が恋する学園のアイドル、そして小うるさいブサイクな女の子。
頭のよろしくない先生たち。
そんな人々が入り乱れて、恋だのなんだのって走り回ってる感じです。
で、まあよく言えばテンポよく、悪くいえばテキトーにどうでもいいストーリーが
どうでもよく進んでいく、くだらない映画でした。(爆)
なんか、「へえ~」ってくらいの感想しかなく、特に面白くも思えず、
2時間後「この映画観てよかった!」とも思えそうになかったので、
この師走の忙しい折、DVDプレーヤーの停止ボタンを押しました。(笑)
2年前の『ロッカーズ』も、そんな感じで観るのを止めたなあ...
結局、観たのは30分ちょっとくらいだったでしょうか、
そんな、ロクに観なかった映画を採点するのもどうかと思うのですが、
2点ってことにしておきます。
これが、2時間観た後に、純粋に2点×4=8点になったかというと、
どうしてもそうは思えないんですけどね。(笑)

あ、ちなみに。
この映画の舞台となる学校の名前は「パクチー学園」じゃないし、
主人公の名前も、そのほかの登場人物の名前にも、「トム・ヤム君」はいません。
アタリマエか。(笑)
[PR]
by ginpei_chan | 2006-12-23 23:30 | 映画(は行)