ginpeichanが映画を観た感想をだらだらと。


by ginpei_chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

『クライング・フィスト』★★★★★★★★(8点)

チェ・ミンシクがボクサー役に挑んだ『クライング・フィスト』を観ました。
崩壊しかけた人生を取り戻そうとカムバックする中年男と、
初めて打ち込んだボクシングで這い上がって親孝行しようとする若者の魂の交差。
カンヌで国際批評家連盟賞を受賞。
c0019227_15123796.jpg

この映画、チェ・ミンシク演じる中年男と、
監督リュ・スンワンの弟であるリュ・スンボム演じる若者のそれぞれの人生が、
ラストシーンまで全く交錯することなく描かれているのがまず面白い。
全く違う人生を歩む男たちを交互に描き、ラストに交差させる。
また、チェ・ミンシクのやさぐれ男も板についているし、
リュ・スンボムのワルぶりは不気味で怖いくらい。
それぞれ頑張っていましたね。
そして、ラストの二人の試合は物凄い迫力!
たぶん、ボクシングとしては粗すぎて、そういうリアリティは無いんだけど、
どつきあい、殴り合い、魂のぶつかり合いがよく表現されていました。
暴力的な描写やその精神性に理解ができない部分もあり、
この映画を完全には好きになれない自分がいるんだけど、
でも、ラストの試合は良かったなあ。大迫力でした。
そのラストを目撃するために、2時間頑張って観てほしいと思う映画です。
8点。
[PR]
by ginpei_chan | 2006-12-25 15:06 | 映画(か行)