ginpeichanが映画を観た感想をだらだらと。


by ginpei_chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

『40歳の童貞男』★★★★★★★☆(7.5点)

昨年だったか一昨年だったか、アメリカでスマッシュヒットした『40歳の童貞男』
タイトルからして面白そうだなーと思っていたんだけど、
映画館で観ることはできず、レンタルでの鑑賞と相成りました。
c0019227_17535242.jpg

主演は、「サタデー・ナイト・ライブ」出身らしいコメディアンのスティーブ・カレル。
彼が、同僚に冷やかされつつも、女性との「ロストバージン」を目指すという物語です。

ストーリーは分かりやすいし、下ネタ満載で爆笑できるんだけど...
うーん、確かに面白かったんだけど、期待以上ではなかったかな。
コメディ映画だけど、彼自身が抜群に面白いというのではなく、
えげつない下ネタで笑わせてくれたのは彼の同僚たちで、
同僚たちは主人公の繊細さと対極のところにいて、
妙にキャラクターのテイストが乖離しているような印象を持つ場面もあったし。
映画としては、センシティブで真面目な主人公と、
愉快だけどお下劣な同僚たちのドタバタというのは分かりやすくていいんだけど、
結局のところ、主人公を真面目にしたぶん、ハッピーエンドを作りやすいだろうし、
そういう意味では、ストーリーの展開も目新しいものはなかった。
タイトルでワクワクしてから、観始めてからラストシーンまで、
こっちの期待度が完全に右下がりになってしまっていた気がする。

まあしかし、下ネタでところどころ笑えたし、コメディとしては合格点かな。
それから、なんといっても、ヒロインのキャスリン・キーナーがすごく魅力的だったし。
『マルコヴィッチの穴』のときよりも老けたけど、
あんな40代の女性だったら、普通にアリです、僕。(爆)
キャスリン・キーナーで+1点!で7.5点です。
[PR]
by ginpei_chan | 2007-01-09 18:14 | 映画(や行)