ginpeichanが映画を観た感想をだらだらと。


by ginpei_chan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

『ブレイブ・ストーリー』★★★★★★☆(6.5点)

宮部みゆき原作のファンタジーアニメ『ブレイブ・ストーリー』を観ました。
c0019227_13581624.jpg

フジテレビとGONZOが製作、ワーナー・ブラザーズが世界に配給するアニメ映画。
父が家を出て、母も倒れた小学生・ワタルは、自分の運命を変えようと、
異世界への扉をくぐる...
主人公ワタルに声をあてるのは松たか子、旅の仲間キ・キーマに大泉洋、
カッツに常盤貴子、そしてワタルのライバル・ミツルにウェンツ瑛士。
他にも、北陽やロバート、インパルスなどのお笑い芸人や、
今井美樹、田中好子、高橋克美、伊東四朗などの声優陣が豪華。

さて。
映画を観終わって、感想を申し上げると、びみょーな映画でした。
なんか、面白いシーンとそうでないシーン、
ワクワクするシーンと退屈なシーンがごちゃまぜになった感じ。
アニメーションはさすがのGONZO、クオリティは高いし、
声優・松たか子は文句なしに上手い。
ストーリーも、まあありがちなファンタジーRPGみたいだけど、悪くない。
でも、登場キャラクターたちに感情移入する暇もなく、
ご都合主義に話は進み、最後にうまくまとめてしまった感がある。
これ、TVアニメで、1話30分の1クールでやったらちょうどよかったかもしれない。
原作は読んでないけど、たぶんいろいろとはしょったんだろう。
もしくは、もっとキャラクターの気持ちとか、バックグラウンドとか、
描くべきものはたくさんあっただろうなあと察します。
だから、2時間でやるのはもったいなかった気がします。

それから。
いろんな描写の端々にうかがえるのは、
たぶん、フジテレビ&ワーナーB&GONZOがやりたかったのは、
日テレ&徳間書店&スタジオジブリなんだろうなあ、と思った。

(まあ、映画が公開されてかなり経つので、既に論じられてることだと思うけど)
ジブリっぽい描写がいっぱりあったし、どうしても観客は比べてしまうと思う。
どっちがいい、って話じゃないけど、似てしまうのは仕方が無いのかな...
まあ、この方向性を磨いていけば、きっと、
ジブリを超える作品だって作れる期待感はありました。

あ、あと、映画の途中で流れるアクアタイムズ。
あれ、ダメです。少なくとも僕はダメでした。
挿入歌とエンディング曲はどちらも彼らの曲でしたが、
安っぽすぎて映画が台無しになるところでした。
なんであんな曲であんなボーカルで売れてるんだろう...?
まあ、人の好みはそれぞれですけど...解せないなあ。
このマスターで世界配給って、ちょっと恥ずかしい気持ちになる。
また、お笑い芸人のアフレコだけど、ズバ抜けてヘタクソな人がいたなあ...
誰とは言わないけど。
お笑いファンも取り込もうと思ったのでしょうが、
そんな志低いことをやってちゃダメですよ、亀山さん。

映像は、ところどころ「おっ!」と思わせるものがあり、
声優も上手い人がいるし、ストーリーは悪くないし、
もっと見せ方ひとつでグンと面白くなったような気がするだけに残念でした。
GONZOの映画はまた観てみたいので、今後に期待します。
6.5点。
[PR]
by ginpei_chan | 2007-02-15 14:18 | 映画(は行)