ginpeichanが映画を観た感想をだらだらと。


by ginpei_chan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

シネ・ピピア「2006年映画傑作選」

に行ってまいりました!
宝塚市のシネ・ピピアの企画上映です。

※シネ・ピピアの「2006年映画傑作選」の詳細はこちらから...

上記リンクをご覧いただければお分かりになると思いますが、
昨年の傑作映画の上映企画。
上映ラインアップは、『ゆれる』、『マッチポイント』、『時をかける少女』、
『トンマッコルへようこそ』、『間宮兄弟』、『カポーティ』、
『雪に願うこと』、『リトル・ランナー』、『春が来れば』、『太陽』の全10作品。
映画ファン垂涎モノのラインアップですな♪

鑑賞料金は、当日券は一般1,400円(レイトは1,200円)、
前売り券は1回券が1,200円で3回券は3,000円。
うーん、安いっ!ヾ(≧▽≦)ノ
まあ、ラインアップの中には、既にレンタル開始している作品もありますが、
それでも映画館で観るのは格別のもの。
特に、今日の上映作品では、初回9:50の『ゆれる』は満席だったようです。
ここ最近の映画賞でとても高く評価されている作品ですし、
まだまだ映画館を満員にする力はありますよ!(o^-')b

僕は今回、ファミマのfamiポートで3回券を購入して行きました。
今日観たのは、『太陽』と『時をかける少女』です。
あと1回は、後日『カポーティ』を観に行こうかと思っています。

しかし、今日観ていて思ったのは、本当に映画が好きな人が来てるんだなあ...ということ。
若い人もいるし、ご年配の方も多かったし、
どちらかというと一人で来ていた人が多かったかな。
上映中も静かだし、笑いどころでは笑い声も起きていたし、
私語や食べ物を食べる音などもせず、マナーが良かったです。
僕がこの映画館に来るのは、昨年『クラッシュ』を観に来て以来なのですが、
家から下道を走って1時間、高速を使っても30分かかりますが、
それでもこの映画館が好きで、機会があればいつも行きたいと思っています。
座席数も50席しかなく、とても小さな映画館。
だけど、映画を好きな人が集まって、
小さな空間の中で、同じ感動を共有できる素敵な映画館です。
また、今日鑑賞した『太陽』と『時をかける少女』の感想はUPしていきますね。
[PR]
by ginpei_chan | 2007-02-20 22:49 | ひとりごと