ginpeichanが映画を観た感想をだらだらと。


by ginpei_chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

第79回アカデミー賞発表!

さて、もうみなさんどんどん記事をUPされていますが、
本年度のアカデミー賞の授賞式が行われ、各部門受賞者が決まりましたね。
僕も、ネットの速報を14時過ぎまでチェックしていました。

まず、僕の授賞式前の予想は...(1月23日のエントリで予想しました)
・作品賞&監督賞...『バベル』&アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
 (願望を込めて、ポール・グリーングラスって希望もありました)
・主演男優賞&主演女優賞...フォレスト・ウィテカー&ヘレン・ミレン
 (作品は未見ですが、前哨戦で圧倒的に強いので)
・助演男優賞...マーク・ウォルバーグ
 (作品賞&監督賞を与えないかわりに、ここで評価するんじゃないかな、と)
・助演女優賞...Rinko Kikuchi
 (これも願望を込めて、ですね)

さ、受賞結果、参りましょう!

・最優秀作品賞&監督賞...『ディパーテッド』&マーティン・スコセッシ

ハイッ!僕の予想大ハズレ!!(爆)
まあ、リメイク作品、それもアジア映画のリメイクにオスカーを授与するなんざ
そんなマネしねえだろ、と思っていたら、まざまざと受賞されました御大スコセッシ。
どちらかというと否定的な感想をよく目にしたので、この映画、スルーしようと
思っていたのですが、これで観に行かざるを得なくなりましたね。(笑)

しかし、やはり意外な結果でした...
なんでも、リメイク作品に最優秀作品賞を授与するのは史上初だとか。
いろいろ勘ぐってしまうのですが、
作品賞に関しては、
『バベル』→メキシコ人監督で多国籍映画、
『クィーン』→イギリス人監督によるイギリス映画
『硫黄島からの手紙』→全編日本語の台詞で、当時の敵国を描いた作品
『リトル・ミス・サンシャイン』→小品すぎる
ということで、消去法で残ったのかな、という気がしてしまいます。

監督賞の観点からしても、
アメリカ人監督はスコセッシ、イーストウッドのふたりだけで、
慣例からいって作品賞と監督賞はセットだということと、
イーストウッドはこれまで獲りすぎたということからスコセッシだったのかな、と。

まあ、観客席は万来の拍手だったし、本人もすごく嬉しそうだったし、
名誉賞っぽかったけど、万事うまくおさまったってことかな?と思います。

・主演男優賞&主演女優賞...フォレスト・ウィテカー&ヘレン・ミレン

まあ、これは前哨戦どおりになりましたね。
『ラスト・キング・オブ・スコットランド』も『クィーン』も、どちらも未見ですが、
プロモーション映像とか観てても、面白そうなニオイがプンプンするのですが...
『ディパーテッド』と比べてどうなんかなあ...(え?しつこいって?(笑))

・助演男優賞...アラン・アーキン『リトル・ミス・サンシャイン』

これはビックリ!ポルノ狂のヤク中毒舌ジジイが獲っちゃいました!(≧∇≦)
まあ、確かに印象深い役柄だったし、そんなに異論は無いのですが...
アカデミー賞のお祭り的側面から考えて、
エディ・マーフィーあたりでも不思議はなかったんですけどね。
ともあれ、グランパ、おめでとう!ヾ(*^▽^*)ノ
『リトル~』は、脚本賞も受賞して2部門制覇でした。

・助演女優賞...ジェニファー・ハドソン『ドリームガールズ』

これは鉄板だったみたいですねえ...Rinko残念。
でも、当日のあちらの新聞で大々的に扱われてたり、
翌朝の新聞でもドレス姿が大きく載せられていてかなり評判が高かったみたいですね。
Rinkoの今後の活躍が楽しみです♪
ちなみにジェニファー・ハドソンさん、
アメリカのオーディション番組「アメリカン・アイドル」出身だということですが、
日本でいうとモーニング娘みたいなものなん?(笑)
(と、ジェニファー・ハドソンがメンバーと「ラブレボリューション21」を唄う姿を想像する僕)
ちなみに『ドリームガールズ』、この他には録音賞を受賞で2部門制覇。

結局、最多ノミネートの『クィーン』が主演女優賞のみの1部門、
5部門ノミネートの『バベル』が作曲賞のみの1部門。
4部門ノミネートの『硫黄島~』は音響編集賞のみの1部門。
なにげに、メキシコ映画『Pan's Labyrinth』が3部門制覇となりました。
この夜の主役、『ディパーテッド』でも4部門受賞ということで、
本命無きオスカーナイトで、アメリカ映画界全体がマーティン・スコセッシの栄誉を祝福した、
ということでしょうか。
まあ、落ち着くところに落ち着いたようで何よりです。

速報を見ていても、ジェニファー・ハドソンとビヨンセのパフォーマンスが
かなり面白かったみたいだし、
監督賞のプレゼンターがコッポラ&スピルバーグ&ルーカスというメンツだったりと
見どころいっぱいだったみたいなので、やっぱりCSにでも入って見たかったですね。

来年は、なんといっても80回記念ですね。
70回のときは、まさにお祭り騒ぎ的な感じがあって、
『タイタニック』ナイトだったわけで、次の80回記念も、そんなお祭りになるでしょうね。
楽しみだなあ。
[PR]
by ginpei_chan | 2007-02-27 07:50 | ひとりごと