ginpeichanが映画を観た感想をだらだらと。


by ginpei_chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

『映画ドラえもん のび太の魔界大冒険~7人の魔法使い~』★★★★★★★★☆(8.5点)

遅ればせながら、『映画ドラえもん のび太の魔界大冒険~7人の魔法使い~』
の感想をUPしたいと思います。
リニューアルドラ映画第2弾のこの作品、去年から前売り券を買って待っていました。(笑)
c0019227_10234873.jpg

さて、内容のほうはもう説明する必要がないでしょう。
のび太の「もしも魔法が使えたら」というケチな願いを叶えようと、
「もしもBOX」で作った世界で起きた地球存亡の危機を、
ドラえもん以下仲間たちで戦っていくという物語です。

いやあ、懐かしかったですね!
けっこう、ストーリーは原作に忠実でびっくりしました。
もっとアレンジしているのかと思ったので...
この映画、脚本を真保裕一が担当していることでも話題だったけど、
原作に忠実で、奇をてらってない、ヘンに現代風にアレンジしすぎない脚本で
とても良かったと思います。
若干気になったのは、「石ころぼうし」くらいかな?(笑)
でも、あの「おしまい」も、あのラストシーンも忠実でホントに嬉しかった!
あのラストシーンは、分かっていてもちょっとホロッときちゃいましたよ。(笑)

しかし、なんといってもリニューアルドラ、作画の表現力が凄い!
ドラえもんの表情も、のび太の表情も、すごく豊かで本当に嬉しくなっちゃいました。
前も同じこと書いたと思うけど、今の子どもたちが、
このドラえもんを観て育っていくことを、とても嬉しく思いました。

僕たちの世代のドラえもんも「ドラえもん」ですが、
このリニューアルドラも立派な「ドラえもん」。
僕は、演技のこととかよく分かりませんが、僕は純粋に楽しめました。
きっと、この映画を批判的に言う人って、
どうしてもリニューアル後の「ドラえもん」の声優や作画を
認められない人なんじゃないかな、と、そこまで思ってしまったくらいです。
新しい世代にふさわしいアニメに仕上がっていると、胸を張っていいと思いますよ。

声優たちももちろん良かったです。
まあ、ゲスト声優ってのはオマケのようなものですからどうでもいいんですけど、
それでも極端に違和感を感じた声っていうのも無かったです。
それに、美夜子役が相武紗季っていうのが、エンドロールで知りましたが、
ちょっと大人っぽい声で、もっと大人の声優さんだと思っていましたが、
彼女、アフレコ上手いんですねえ!びっくりしました!
それに、TVではもうお馴染みだと思いますが、ドラミちゃん役は千秋。
彼女も上手だと思いますよ。
観ていて、ドラミちゃんが喋ってるシーンで毎回千秋を思い出すような
お節介な人は不満に感じるでしょうが、もう充分ドラミちゃんになりきっていると思いますね。

この映画、封切り直後に観に行ったこともあり、また、日曜日だったこともあり、
映画館は子ども連れのファミリーでごった返してました。
確かに、本編の途中でも、けっこう騒ぐ子もいれば、トイレに連れて行くママが席を立ったり
というのも珍しくなく、わりと騒がしい劇場でした。
でも、これ、ドラえもんなんだし、
こうやってみんなでワイワイガヤガヤ観る方が楽しい!ヾ(≧▽≦)ノ
オープニングで「ハグしちゃお」が流れたとき、一緒に歌っている子もいたみたいで、
僕も一緒に歌いたくなっちゃったし!(映画館にジャイアン現る?(爆))
いやあ、とっても楽しい2時間でした。
前作の『のび太の恐竜2006』も凄く良かったけど、
『魔界大冒険』もそれを上回るくらい良かった!
8.5点です。
[PR]
by ginpei_chan | 2007-03-16 10:54 | 映画(あ行)