ginpeichanが映画を観た感想をだらだらと。


by ginpei_chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

『阿修羅のごとく』★★★★★(7点)

向田邦子原作の『阿修羅のごとく』
昭和54年頃を舞台に、年老いた父母(仲代達矢と八千草薫)と
娘4人(大竹しのぶ、黒木瞳、深津絵里、深田恭子)の物語。
大竹しのぶの不倫相手に坂東三津五郎(要は八十助)、その妻が桃井かおり、
黒木瞳の旦那が小林薫、その不倫相手(?)の秘書が木村佳乃、
深津絵里の旦那役が中村獅童、深田恭子の彼氏がRIKIYA。
けっこうな豪華キャストっす。
監督は森田芳光。(僕は、『(ハル)』がけっこう好きだった)

昭和54年頃が舞台ってことで、けっこう昭和の雰囲気が出てて面白い。
見た目もそれなりに昔なら、それなりに人間の考え方も古風だったりして。
ま、一番上と下であれだけ年齢の離れた姉妹もいねぇだろうと思いつつ、
人情の機微がうまく出ていたり、
女って生き物の「阿修羅ぶり」が顔を覗かせたりして面白かったです。

個人的には、深田恭子のダボダボトレーナー姿と入浴シーンに萌えました。(笑)
眼福や~(* ̄ー ̄)
7点。
[PR]
by ginpei_chan | 2005-02-03 17:57 | 映画(あ行)