ginpeichanが映画を観た感想をだらだらと。


by ginpei_chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

アカデミー賞発表!

というわけで、今年もあっという間に授賞式。
去年も、日本時間で3月1日だったハズ。
ちょうど、映画の日で、『王の帰還』を観に行った覚えがあります。

で、受賞結果はこちら
『アビエイター』が5冠、『ミリオンダラー・ベイビー』は4冠ですが、
『ミリオン~』は作品賞、監督賞、主演女優賞を制覇。
『アビエイター』は、助演女優賞のケイト・ブランシェット以外は技術賞。
イーストウッド凄いなぁ…
去年の『ミスティック・リバー』はいい映画だし、
『許されざる者』は傑作だけれども、まだまだ傑作を出す元気があるかぁ。

で、作品賞の『ミリオン~』は、日本では夏公開予定。
日本未公開作品の中では、一番遅い公開やね。
今から楽しみです。
シネコンなんかでも拡大公開されそうなので、期待します。
僕としては、『Ray』がとてもよかったので、期待したんだけどね。

で、脚本賞は、僕の大好きな『Mr.インクレディブル』もノミネートされたけど、
結果はチャーリー・カウフマンの『エターナル・サンシャイン』
なんか、随所で評価高いみたいですね、この映画。
ジム・キャリーとケイト・ウィンスレットと、僕の好きな俳優が出ていることもあり、
また、通っているシネコンではやらないみたいなので、
アメリカのamazonで予約しちゃいました。
4月に入ってから、『Mr.インクレディブル』のDVDと一緒に届くハズ。

脚色賞は、オスカーを席巻したインディペンデントの『サイドウェイ』
コレも面白そうだなぁ…
前哨戦ではかなり強かったけど、オスカーまでは…ってことかなぁ。

主演男優賞は、期待通り『Ray』のジェイミー・フォックス。
本当にこの演技は素晴らしかった。
『ホテル・ルワンダ』のドン・チードルも観てみたいなぁ。
『ネバーランド』のジョニー・デップは、良かったけれども、
『パイレーツ~』と同じく、彼にオスカーをあげるなら、
何もこの映画じゃなくてもいいだろうって気はする。

主演女優賞は、『ボーイズ・ドント・クライ』に続く2度目の受賞の
ヒラリー・スワンクでした。
あの若さで(’74年生まれ!)、2度目の受賞ってのは凄いですね。
まぁ、強力な対抗馬がいなかったってのは大きな要因でしょうが。
ケイト・ウィンスレットも、これまで、『ネバーランド』よりも
いい演技いっぱいあったしね。

助演男優賞は、『コラテラル』のジェイミー・フォックスも注目されたけど、
(確かにいい演技だったけど、作品自体が評価されてないんでしょうね)
意外にも初受賞のモーガン・フリーマン。
こりゃあ、『ミリオンダラー・ベイビー』はますます必見ですね。
今回は、主演・助演ともども、男優賞は黒人でした。
ここ数年で、やっと開けてきた印象があります。

助演女優賞は、キャサリン・ヘップバーンを演じたケイト・ブランシェット。
彼女は、僕は『ヘヴン』のときがすごく好きでしたね。
きっと、アカデミー会員は、『アビエイター』を評価するとしたらここかなぁ…
って意図があったように思うんですけどね。
主演・助演の女優賞は、今回はふたりとも鉄板だったんでしょうね。

とりあえず、今回はこんな結果に。
僕としては、ジェイミー・フォックスの受賞が嬉しかったです。
これで、脚本賞は『Mr.インクレディブル』だったら最高だったんだけどなー!
アカデミーにそんな懐の深さは無いか。(笑)
(保守層ウケしそうな映画ではあるんですけどね)

朝のニュースから、「なぜディカプリオは受賞できなかったのか」なんて
やってましたけど、まだ若いんだし、これからじゃないっすかね。
大根役者かもしれないし、見た目がいいだけかもしれないし、
でも誰もが認める名演を見せたこともあるんだし、(『ギルバート・グレイプ』
まだまだ、これからに期待しましょう。
[PR]
by ginpei_chan | 2005-03-01 08:26 | ひとりごと