ginpeichanが映画を観た感想をだらだらと。


by ginpei_chan
カレンダー

2006年 06月 17日 ( 1 )

ゆうべ、休日やし、何か観に行こうかな~と考えていて、
『インサイドマン』にしようかな~とも思ったんですが、
ネットでいろいろ調べていると、けっこうネガティブな感想が多くて、
そういうのをいちいち気にしてはいないんですけど、
昨日は、とても評判がいい(らしい)、『LIMIT OF LOVE 海猿』を観てきました。

もちろん、原作は漫画の「海猿」。僕、この原作は読んだことあります。
けっこう面白かったですよ。
で、TVドラマ化され、映画化され、それは見てませんでした。
そんな僕が、映画の2作目を観るというのは、順序が間違っている・・・?
ま、ともかく観てまいりました。
c0019227_131229.jpg

観て分かったんですが、けっこう原作と設定違いますねえ。
主人公の仙崎大輔役に伊藤英明というのは、
原作の、ちょっと小柄で童顔という設定と違っているし、
ヒロインが新聞記者のきれいなおねえさん、じゃなくて、フツーの女の子だし。
ま、それは置いといて、ストーリーは、映画オリジナルのものでした。
鹿児島港沖でフェリーが沈み始めて、先崎たち海保が乗客を避難させたり、
救助したり、そしたら閉じ込められてどうしよう、
いやオレは海保なんだ最後まで諦めないぞそして彼女と結婚(以下略)な物語です。
『タイタニック』と同じく、パニックムービーとラブストーリーをうまくまぜまぜした
物語で、映像も迫力があるし、役者もみんな大熱演。
なるほど、大ヒットするわけですなぁ。

(以下ちょっとネタバレしますが)
大ヒットするのはよく分かりますが、ちょっと、正攻法すぎて、
面白みに欠けるなあというのが正直な感想でした。
どう考えても、主人公も乗客も、みんな生きて助かるというのが分かるし、
みんな前向き過ぎて、人間もうちょっとパニクるだろうと思うし、
描き方がまっすぐなのは、感動できる人はいいけど、僕にはちょっと鼻につきました。
まあ、ひねくれ者ですしね。(笑)
あと、突っ込みどころがたくさんあって、ソレはちょっとなあってのが多々あった。
そういうのに突っ込まないのがお約束なんだろうけど。

劇場を出たら、しくしく泣いていた人がたくさんいて、
日本人の泣くツボをよく心得てて、うまい映画だとは思いました。
ただ、僕としては、周囲に「良かったよ~」と何度か言われ、
「いい映画」だという先入観を超えるレベルの映画ではありませんでした。
まあ、邦画としては力作でしょう。映像も音楽も力入ってる。
伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太、時任三郎、美木良介、大塚寧々、吹越満など、
TVでよく見かける人たちが出ていて親しみがもてるだろうし。
僕としては7点。無難な映画でしょう。
[PR]
by ginpei_chan | 2006-06-17 23:53 | 映画(ら行)