ginpeichanが映画を観た感想をだらだらと。


by ginpei_chan
カレンダー

2006年 11月 25日 ( 1 )

というわけで、先日レンタルで観た『ALWAYS 三丁目の夕日』の感想をば。
c0019227_14181755.jpg

まあ、ほんとに、今更ながら、という感じもするのですが、
映画館で観そびれて、レンタルがリリースされてもなかなか観ることができずじまいで、
いつの間にか観るタイミングを逃してしまった作品です。
でも、劇場公開時は大ヒットしたし、このたび続編製作も発表されたしで、
まだまだ「三丁目熱」は熱いようです。

もう、観た人が大半だと思いますので、ストーリーについては割愛を。
高度成長期の東京の下町の物語です。
堤真一、薬師丸ひろ子、堀北真希、吉岡秀隆、小雪、三浦友和、もたいまさこ、
小日向文世、小木茂光など、そうそうたる豪華キャストが素晴らしかった。
それに、CG作品専門の演出家だった山崎貴監督が、
こういう方向性にCGの技術を活かしたのはとても意外で、やはり素晴らしかった。
その時代を生きていなかった人間にも
郷愁と憧憬を抱かせる演出はまったくもって見事
だったと思います。
これは、ヒットするのもうなずけます。まったくもって文句なし!(笑)
次回作こそは映画館で観るぞ!(*`◇´*)/
というわけで、8.5点です。(笑)
[PR]
by ginpei_chan | 2006-11-25 14:28 | 映画(あ行)