ginpeichanが映画を観た感想をだらだらと。


by ginpei_chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

いやあ、先ほど、なかなか忙しくて余裕がなく、
映画を観に行けないと書いたんですが…

more
[PR]
by ginpei_chan | 2007-05-26 22:27 | ひとりごと

「バベル」について…

続きまして、「バベル」についてですが…

more
[PR]
by ginpei_chan | 2007-05-26 22:18 | 映画(は行)
なんか、フツーに携帯から更新できるみたいですこのblog。(笑)
なので、ちょいと更新しますね♪

more
[PR]
by ginpei_chan | 2007-05-26 22:13 | 映画(さ行)

開店休業

こんばんは。

えー、まことに申し訳ないのですが、
しばらくblogの更新を休ませていただきたいと思います。
理由は、こちら(もうひとつのblog)にも書きましたが、
転職や引越しで環境が変わり、現在ネット環境が整っていないためです。
というか、電話回線がブロードバンド未対応なので、
光やCATVなどのネット環境を探しているところなのですが、
最悪の場合、ネット環境が作れない可能性があるのです…
これはかなり痛いです。
(実際、この記事も、ネットカフェから更新しています)

これまで、それほど多くはないにしても、ごひいきにしていただいた方々も
いらっしゃったので、できるだけ早く再開したいと思っております。
また、再開した折には、ぜひ遊びに来て下さいね。
ちなみに、もうひとつのblogのほうは、携帯からたまに更新しようかと思っていますので
どうぞよろしくお願いいたします。

それではみなさま、ごきげんよう…
[PR]
by ginpei_chan | 2007-05-23 21:40 | ひとりごと
「不規則なものの中にも秩序はある」という、「カオス理論」をテーマにした
サスペンス・アクション、それが『カオス』
ジェイソン・ステイサムとライアン・フィリップのポリスメンが
ウェズリー・スナイプス演じる凶悪な知能犯に挑むという筋です。
c0019227_19172610.jpg

なるほど、話が二転三転していくし、誰が裏切り者なのか、誰が真犯人なのか。
そういうのが徐々に見えてくるあたりはなかなか面白かったです。
こういう映画をたくさん観ていると、なんとなくオチは読めてくるものですが、
まあ、それでも、伏線の張り方など上手いなあと唸ってしまいましたよ。
役者は、ライアン・フィリップもジェイソン・ステイサムも上手かったし、
なんといってもウェズリー・スナイプスは悪役が板に付いてますね!
ジェイソン・ステイサムとウェズリー・スナイプスのゴリゴリのアクション映画なんてのも
観てみたい気もしましたが、まあそれはまたの機会に期待しましょう。(笑)

観終わって、うん、なかなか面白かったんですが...
「カオス理論」はあまり関係無かったかなあ...(笑)
面白きゃなんでもいいんですけどね。
7点です。
[PR]
by ginpei_chan | 2007-05-11 19:14 | 映画(か行)
さて、この春の注目作、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
ベストセラーが原作ということで、物語には期待しちゃいます。
キャストも、オダギリジョー、樹木希林、小林薫、松たか子、内田也哉子...
監督が松岡錠司ってトコが、個人的には不安だったんですけどね...(笑)
c0019227_622541.jpg

ともかく、ストーリー、僕は原作を読んだことがないので、
原作とどれほど違うのかは分かりませんけど、とても良かったですね。
ントに、「オカンと、ボクと、時々、オトン」の話なんやなあと感心。(笑)
昭和という時代観と炭鉱町を背景に描かれた、「ボク」の幼少期と
「オカン」の若かりし頃のエピソードが特に印象的でした。
「ボク」が大人になり、「オカン」を東京に呼んで一緒に暮らすあたりもいいんですけどね。
しかし、全編通して、「普通の親子の物語」だったのが一番の驚きでした。
数奇な運命を辿るでもなく、有名人の物語でもなく、
市井の親子の親子愛の物語というのが特に観客の胸を打つのではないでしょうか。
ヘンに特別なストーリーじゃなかったことが、かえって共感を覚えましたね。

キャストも素晴らしかったです。
皆素晴らしかったんですが、僕が特に良かったなあと思うのが内田也哉子。
こんなに似てていいものか!と思うくらい
樹木希林さんに似ていましたねえ。
ああ、30年前にいたんだろうなあ、と思わせる独特の顔立ちと佇まいが絶品でした。
もちろん、オダギリジョーも小林薫も、松たか子もみんな良かった。
このキャスティングで、ある程度の成功は約束されたようなモンですが、
それでも、それを活かし切った原作と脚本も素晴らしかったですね。
ほぼ言うこと無し!の良作でした。8.5点。
[PR]
by ginpei_chan | 2007-05-10 06:42 | 映画(た行)

ただいま。

GW、みなさんはいかがお過ごしでしたでしょうか?
僕は、実家へ帰って、父の一周忌と、
甥っ子や親戚の子どもたちの子守ばかりしていました。(笑)
GW前で、今の仕事を辞めたので、今は実家から帰って一息ついているところ。
また、来週からは次の仕事なので、忙しくなりそうです。
今週は、GW前から少しづつ観た映画の感想をUPしていこうと思います。

ところで。
アメリカのディズニーのサイトで、
『レミーのおいしいレストラン』の9分間の本編映像が公開されました。
さっそく観たのですが、んもうめっちゃ面白い!(≧∇≦)
レミーが厨房やホールを逃げ回るシーンや、スープに味付けしていくシーンとか、
凄いイマジネーションと表現力で、ワクワクしちゃいました!
早く続きが観たいなあ...(o^∇^o)
去年の『カーズ』がちょっと満点!とはいかなかったので、よけい期待しちゃいます。

※「レミーのおいしいレストラン」の映像は、アメリカのディズニーのサイトへ入り、
 左上の「MOVIE」から「RATATOUILLE」へ。
 「Watch a 9-Minute Preview of Ratatouille」をクリックすれば観れます♪
[PR]
by ginpei_chan | 2007-05-09 09:49 | ひとりごと