ginpeichanが映画を観た感想をだらだらと。


by ginpei_chan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

メル・ギブソンが、世界中で物議を醸した前作『パッション』に続く監督作は、
マヤ帝国を舞台にしたサバイバルアクション『アポカリプト』です。
c0019227_23651.jpg

前作『パッション』では、セットや衣装、さらには俳優たち全員に
当時の言語だったアラム語を喋らせるなど徹底的にリアリティを追求した演出でしたが、
今回も、マヤの街並みやピラミッドなどを再現した映像に加え、
俳優たちには全編マヤ語を喋らせる熱の入れようでした。

そういったリアリティにこだわったディテールを楽しむだけでももちろん素晴らしいんだけど、
主人公のジャガー・パウがサバイヴするためにとにかく走る!!奔る!!疾走る!!
走り、潜り、跳び、戦う!!
この、観ている観客までアドレナリンが噴き出しそうになるくらいのサバイバルは
決してCG全盛のハリウッド・アクション映画では得られない快感!!
やっぱり、究極のアクションって、自分の生命を賭して戦う姿、
自分の家族や一族のプライドなど、何かを背負って戦う姿だと思うのです。
そんな極限の生命の駆け引きのさなかで、五感が研ぎ澄まされたジャガー・パウ!
いちいちセリフもカッコいいし、すっかりジャガーのトリコになっちゃいましたよあたしゃ。(笑)
↓コイツがウワサのジャガー・パウ。
演じるルディ・ヤングブラッドはネイティヴ・アメリカンのダンサーです。
弾む筋肉!しなる肢体!駆ける脚!鋭い直感!
c0019227_2451526.jpg

↓コイツが敵将のゼロ・ウルフ。
誇り高き戦士といった趣です。
彼とジャガーの決戦では、意外な伏線が絡んでくることに...必見!
c0019227_2473389.jpg

↓コイツは狡猾で残虐な敵の戦士、ミドル・アイ。
憎たらしいったらありゃしない!素晴らしい悪役でした。
c0019227_2503431.jpg


やっぱり、メルギブ映画、残虐でグロテスクな表現もあるんだけれども、
それも全く気にならないくらいのスピード感と面白さでした。
期待していたけど、その期待値をまた大きく上回ってくれた、嬉しい経験でした。
観客を選ぶ映画かもしれないけど、僕はずっぽりハマりましたね。
DVDのリリースが待ち遠しいです。
9点!
[PR]
by ginpei_chan | 2007-08-22 02:56 | 映画(あ行)
...しました。(笑)
詳しいことはgoo blogに書きましたが、
ともあれ、またネット難民になり、このたびようやく再復帰しました。

映画とも、ちょっと縁遠くなっているのですが、
レンタルでちょこっと、映画館でもちょこっと観たので、
そのぶんを簡単にですが振り返っておきたいと思います。

『不都合な真実』★★★★★★★(7点)
c0019227_1431130.gif

世界中で大きな問題となっている地球温暖化問題を説いてまわるため、
スライドを使った講演で世界中を奔走している、
「一瞬だけアメリカ大統領になった男」アル・ゴア氏の講演活動を追った
話題のドキュメンタリー映画です。
ずいぶん前から、この氏の活動やこの映画については話題になっていたので、
ご存知の方も多いとは思いますが、やっと僕も、レンタルにて鑑賞することができました。
内容は、ユーモアや分かりやすいデータ、
それに視覚的に訴えやすいアニメや写真までも交えながらの講演は
とても興味深くて面白かったです。
「地球温暖化っていったい何??」という初歩的なところから理解できるので、
ぜひ多くの人に観てもらいたい映画です。
いい勉強になったので7点。

『ダーウィンの悪夢』★★★★★★☆(6.5点)
c0019227_1434444.jpg

これもドキュメンタリー映画ですが、うってかわってアフリカのお話。
アフリカにある、世界第2の大きさを誇るヴィクトリア湖に、
かつて肉食魚ナイルパーチが放たれた。
それから、それらが繁殖したことによる漁業の勃興、景気拡大に沸く地元民、
その一方で蔓延し続けるエイズ、客に虐待され続ける売春婦、
僅かな食べ物を奪い合うストリートチルドレン、粗悪なドラッグの蔓延、
湖における生態系の破壊、ヨーロッパからの武器の流入…
さまざまな問題を抱えるヴィクトリア湖畔の現実を炙り出した作品です。

まあ、この作品、ほうぼうで物議を醸していることもあり、
ちょっと「まゆつばものの現実」ではあるけれども、
映像や関係者の証言など、ショッキングなものもたくさんある。
特に、貧富の差が拡大して、仕事にあぶれ、やっと就いた施設の夜勤の仕事でも、
一日の給料がたった1$と聞かされた日には…
不衛生な住居や風雨をしのぐ屋根の無い道端で、
毎日食うや食わずや生きるや死ぬやの日々を過ごしている人たちが、
地球の裏側に大勢いるんだということを、改めて認識させられる作品でした。
事実の検証は専門家に任せるとしても、なかなか僕らの目に触れることのない、
日本の僕らともしかしてつながってるかもしれないアフリカの、
とある地域の生活を切り取った映像資料としてはなかなか貴重なのではないでしょうか。

ちょっと、観客をショックで煽りすぎかな~と思う点もあったので、控えめに6.5点。

『あるいは裏切りという名の犬』★★★★★★★★(8点)
c0019227_1441489.jpg

なかなかシブいタイトルが目を引きますが(笑)、
おフランス製のハードボイルドサスペンス。
ダニエル・オートゥイユとジェラール・ドパルデューの二大名優が激突する野心作でした。
パリ警視庁を舞台に、かつての盟友で、
今は激しく対立するレオとドニの二人の男の生き様を描いた作品です。
もう、主役の二人がとことんシブいし、ストーリーもよく練られていてシビれました。
さっそくハリウッドがリメイク権を買ったというのもよく分かります。
(しかし、ホントにハリウッドってネタ不足なのか、
 世界中からどんどんいいものを取り入れようと貪欲なのか...)
2時間の短い時間にも、キャラクターがしっかり描き込まれていて、
ストーリーもスピード感があって、スキの見当たらない素晴らしい作品でした。

同じようなハードボイルド系の作品で、ハリウッドでリメイクされた作品に
『インファナル・アフェア』があるけれど、あっちは大ヒットを受けて3作目まで製作されたけど、
この作品はこの1作品で終わって欲しいなあ...
だったら、傑作で終われそうな気がします。(笑)
8点ですね。

『記憶の棘』★★★★★★(6点)
c0019227_1444031.jpg

ニコール・キッドマン扮する未亡人アナは、
夫の死後10年が経ち、新たな結婚に人生をまかせようとする。
しかし、そこに現れたのは10歳の少年。
彼は、自分はアナの死んだ夫であると言うのだが…

まあ、サスペンス映画としてはそれなりによく考えられているなあとは思いました。
ただ、この映画、なんといっても見どころは、ベリーショートのニコール・キッドマン!!
背中の大きく開いたドレスも着こなすし、お風呂も入るし、
とにかくこの世のものではないくらいような美しい肢体を余すところなく絶賛公開中!!(笑)
ストーリーも演出もまあまあなんだけど、
とにかく彼女が美しいので、2時間観ていて飽きるなんてこたぁありません!!
いや~、眼福や~!!(爆)
ストーリーのアイデアは驚愕!というほどのモンでもなかったけど、
とにかくニコール・キッドマンが美しかったので+2点して6点!!

以上、レンタルで鑑賞した作品4本でした。
映画館で観た作品はこのあと更新します。
[PR]
by ginpei_chan | 2007-08-22 01:50 | ひとりごと
(ゴメンなさい。
 手抜きっぽいですが、goo blogと内容カブります(笑))

yahoo!のニュースを読んでいると、
イギリスで、ハリー・ポッターの結末がプリントされた
Tシャツが発売されたとかで、ひと騒動になっているそうな。
僕は、ハリー・ポッターの原作は読んでいないので、
映画で観るだけなんだけど、
一足先に、そのTシャツの画像を見ちゃいました。(笑)

...ふむふむ。なるほど。
まあ、おおまかには結末は分かりました。
しかし、「それって誰だっけ??」な情報もあったので、
情報を補完しようとぐぐってみると...
なぁんだ、日本語のサイトやblogで、
もうわりとネタバレが堂々と公開されてるんですねえ。
原作を読んだ人の受け止め方もさまざまなようで、
不完全燃焼の人から好意的に受け止めた方までさまざま。
僕は...よく分かんないっす。読んでないので。(笑)

でも、最終巻の物語の大きな鍵を握るキャラクターが
あの人だったというのはわりと面白そうだな、と思いました。
映画でぜひ観てみたいと思ってます♪
あの人のキャラも好きだし、演じている俳優さんも好きなので。
[PR]
by ginpei_chan | 2007-08-03 03:45 | ひとりごと

そろそろ復帰!

みなさん、こんばんは!
ginpeichanでございます。
7月末に、ようやく自宅ネット生活に復帰しました。
また、詳細は、おいおいもいっこのblogのほうに書いていく予定ですが...
まあ、某PHS通信サービスを利用することになったのですが、
これが64kbpsなので、ブロードバンドに慣れてしまった自分にとってはまぁ遅い遅い!!
早くもクーリングオフ検討中でございます。(笑)

まあ、とにかく。
このblogは映画に関することを書こうと思っているので、
またおいおいと映画のお話を書いていこうと思っています。
このblog休眠中の間にも、たくさんコメントをいただいたり、
トラックバックをいただいたり、ただ閲覧していただいたりと、本当にありがとうございます!
事実、今日久しぶりにログインしたのですが(笑)、
たくさんコメントをいただいていて嬉しかったです。
(特にtamakiさん、またゆっくりお話しましょう!
nonさん、またお引越し先のblogに遊びに行きますね!
aoiさん、まだご旅行中かな?またblogに遊びに行かせていただきますね!)

ちなみに、前回更新した『プレステージ』以降に観た映画がいくつかありますので、
おいおい更新していこうと思っています。
観たのは、『アポカリプト』と『アドレナリン』、『レミーのおいしいレストラン』です。
どれも面白かった!
『アポカリプト』、凄い映画でしたよ...
監督メル・ギブソンの前作『パッション』とは似たアプローチだけど、
人類の根源的な欲求である「survive」を体現した主人公ジャガー・パウと
監督の見事な演出にただただ脱帽するばかりでした。
『アドレナリン』は、僕が今一番好きなアクションスターであるジェイソン・ステイサムの
新作だけど、アドレナリンを出し続けないと死ぬというバカバカしい設定に惹かれて
車を1時間飛ばして観に行ってきましたよ♪
『レミー』は、実は昨夜も含めて既に2回観てきました。
しかも一回目は、先行ロードショーの初日でした。(笑)
いやあ、やっぱり面白いです、pixarは!
二回観て、グストーの台詞にいろいろと考えさせられたり、
アントン・イーゴの「最後の批評」のカッコよさにシビレたりしてました。
そうそう、pixar恒例の、本編上映前の短編も面白かったですよ!
『LIFTED』、場内は爆笑の渦でした!!(≧∇≦)

ネットができなくても、貧乏でも、(笑)
やっぱり映画が好き!観たい!妄想したい!(爆)
また、更新を再開していきますので、どうぞよろしくお願いいたします!
(実際の僕は、こんなテンションじゃないんですけどね(笑))
[PR]
by ginpei_chan | 2007-08-01 04:48 | ひとりごと